スポンサーサイト

  • 2016.02.23 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    DC2 ミッションOH

    • 2014.02.06 Thursday
    • 00:41
    よくあるミッション トラブル編
    ファイナルブロー 工具
    純正、社外品 問わずにいずれ割れると思っておいた方が良いですね(゜_゜>)
    でも頻繁に割れる人はサイドベアリングクリアランスの調整不良って場合も多いです。
     特にテーパータイプのベアリングを採用してるCL1やDC2の96SpecやEK9の一部。
    こいつの場合は測定にグラム単位の駆動トルクを測定して調整する必要が有ります(@_@。


    面倒ですよコレw
    うちはちゃんと測定&調整してますけどね。。。
    でもY21系はシールドタイプに変更するのが無難です。簡単確実ですからグッド


    デフの首チョンパ!


    こーなると出費は大きくなります。
    ATS
    CUSCO
    KAAZ
    メーカーに関係なく折れる時は折れてます。
    この様な状態でも意外と気づかず走ってる場合も多いですね。。



    このブローしたDC2は 2007年頭にこのCUSCO RS328 LSDとクロスを組み込んでいます。
    ファイナルに至ってはそれ以前から・・・(走行距離は23万キロ↑ まさかね?)ゆう★
    POTENZAの全国大会で優勝したり、ディレチャレでも数々の優勝や表彰台を収めて
    ちょうど7年 途中 1度OHと仕様変更をしていますが、自走移動組ですがほぼサーキットばかりでの使用 さすがにお役目終了と言ったとこでしょうかw

    状態から見てLSDが先に破断していて破断面が擦れ摩耗が進みデフのフレが大きくなった事によりファイナルが割れた様です。

    そして新しく組み込んだLSDはATSのD24 メタル 
    ほんとはカーボンで行きたいところですがメンテナンスとコストを考えるとメタルになっちゃいますよね。。
    負荷の大きいFFの場合、頻繁にミッションを開けれる耐力がある方は迷わずカーボンですよグッド

    内部の分解洗浄はもちろん 再使用パーツのバリ取りや細部のアタリをチェック調整して組み付けますき
    以前新品でもどーにも良くないアッセンブリーパーツが有り本田技研にクレームを入れ詳細を伝えたところ、数百個の在庫が有ったはずのパーツが無くなりバックオーダーに切り替わった事も有りました。
    量産を終えた車種の再生産パーツは品質管理が行届かなくなるので、新品だからと過信せず使用する側でチェックする事も必要です泣き

    話はデフに戻って今回のデフはちょっと過激なセッティング?
    初心者にはまず組まない仕様なのでオイルと合せて色々テストしてみたいですねkyu
    信頼できる乗り手なので良い結果に繋がれば吉ですが(゜_゜>)
    でも場合によっては他のカム角に切り替えま〜すあひょうパンダ

     





     

    スポンサーサイト

    • 2016.02.23 Tuesday
    • 00:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM